通信制高校を探すときのポイント

通信制高校は年々増加傾向にあって、今では全国に250校以上の学校があります。この中から自分に合った最適の学校を探すのはかなり大変です。

例え「札幌の通信制高校」に絞って探そうとしても、かなり手間がかかります。そこで今回は、通信制高校を探すときのポイントを紹介したいと思います。

通信制高校を探す ポイント

出典:写真AC

 

公立か私立か?

通信制高校にも全日制高校と同じように「公立・私立」があります。ほとんどの学校は私立ですが、公立は都道府県毎に1~3校ほど設置されてます。

通信制高校の公立と私立ではどのような点が違うのでしょうか。それぞれ確認していきましょう。

 

学費について

私立の通信制高校の学費は実に様々ですが、平均を見ると40万から高いところでは100万円を超える学校もあります。一方、公立の通信制高校は、3年間で大体10万円程度になります。

圧倒的に、公立の通信制高校が私立の通信制高校より学費が安いことがわかります。

 

学校の数について

公立の通信制高校は上記でも説明しましたが。都道府県毎に1から3校ほどしかありません。

文部省の調べによると、2019年5月の時点で、公立の通信制高校は78校、私立が175校となっており、公立に比べて倍以上も私立の方が多いです。

 

学区について

公立の通信制高校へ入学できる対象者は、学校が設置されている都道府県に居住している人か、そこで勤めている人になります。

逆に私立は、全国が入学対象になっている学校が多いのが特徴です。スクーリングなどは、全国の協力校と提携して行うことでカバーしています。

 

サポート体制について

例えば私立には、いつでも相談できるカウンセラーが常駐していたり、いつでも生徒が先生に質問できる窓口を設けていたりと、卒業まできめ細やかなサポートをしてくれる学校が多いです。

一方で公立は、カウンセラーが常駐ではなかったり、基本は自宅学習がメインの学校が多くなっています。公立の通信制高校は私立の通信制高校に比べると、どうしても薄く感じてしまうところがあります。

 

学習環境の自由度

私立の通信制高校では、スケジュールをある程度自由に組めたり、スクーリングの日も自分の都合で決めたりすることが容易な学校が多いですが、公立の通信制高校は、決められた日に登校しなければ単位を取得することができないなど縛りがあります。

 

 

学費で探す

通信制高校の学費は先ほども説明したように、私立か公立かという点だけでもだいぶ差がありました。また、同じ私立でも学校によってカリキュラムや登校頻度などに違いがあるため、学費も千差万別です。

せっかく自分に合った学校が見つかっても学費が払えないと通えません。学費は重要なポイントといえるでしょう。

 

 

登校頻度で探す

通信制高校ではスクーリングという授業を受ける登校日があります。年に数回でいいという学校もありますし、週1から週5まで選べる学校もあります。

多ければ多いほど学費も高くなるので、自分のペースにあった回数を選ぶとよいでしょう。

 

 

コースの内容で探す

通信制高校には様々なコースが用意されています。例えば、介護や福祉、デザインやスポーツ、音楽や芸術、パソコン関係など…、その種類は豊富にあります。

近年では、高校卒業資格の取得だけではなく、自分の夢に近づくための学習ができるコースを設けている学校を選ぶ人も増えています。

 

 

通信制高校を探すときのポイントまとめ

通信制高校を探すときのポイントまとめ

出典:写真AC

通信制高校を探すポイントはを大きくわけると4つです。

  1. 公立か私立かで選ぶ
  2. 学費で選ぶ
  3. 登校頻度で選ぶ
  4. コース内容で選ぶ

 

札幌の通信制高校を探している方は、まずはこの4つのポイントを参考にして、札幌にある多くの通信制高校の中から希望の学校をしぼってみてはどうでしょうか。学校をしぼった後はしっかり比較検討して、自分にピッタリの通信制高校を選んでください。

通信制高校からの就職について

通信制高校を卒業した後の進路ですが、全日制高校と同じように大学進学や就職などがあります。

通信制高校の卒業資格は、全日制高校・定時制高校卒業と同等の卒業資格になりますので、進路についても同じだけの選択肢があるわけです。

ただ中には、通信制高校出身だと進学や就職に不利だというイメージを持つ人もいるのではないでしょうか。

 

通信制高校 就職

出典:写真AC

 

通信制高校は就職に不利?

どうしても、全日制高校卒業が圧倒的に多いせいか、通信制高校への偏見が未だあるのが現実です。

では、本当に通信制高校出身者は、就職するのに不利なのでしょうか?

はっきり不利ではないと言いたいところですが、まだまだ通信制高校に対する偏見はあり、通信制高校=不登校、勉強できないなど、普通課程の高校に進学できなかった人が行くところというイメージを持つ人もいます。

そういった人が人事担当にいれば、不利な状況もあるでしょう。しかし、不利な事ばかりではありません。

例えば、通信高校を選んだ理由、卒業するために身に着けた時間管理術や普通課程の高校ではできなかった体験や経験など。

通信制高校だからこそ、プラスに動く要素もあるということです。通信制・全日制・定時制の卒業資格に優劣なんてないのです。

なぜ、通信制高校を選んだのか、そしてそこで何を学んだのか、会社でどんなことがしたいのか。自信を持ってあなた自身をしっかりアピールしましょう。

 

通信制高校からの進路先

下記は文部科学省に掲載されている、平成29年度の通信制高校の卒業生の人数になります。5万3千人以上で、前年度より、1200人以上も増加しております。

※平成 29 年度間の高等学校(通信制課程)の卒業者数は 53,550 人(男子 27,689 人,女子 25,861 人)で, 前年度間より 1,284 人増加している
文部科学省より

 

では、これだけ多くの生徒が卒業している通信制高校の卒業後の進路にはどんな選択があるのでしょうか。

同じく文部科学省のデータ(平成29年度)によると、

・大学等進学者: 9,885人
・専修学校(専門課程)進学者: 11,343人
・専修学校(一般課程)等入学者: 704人
・公共職業能力開発施設等入学者: 490人
・就職者: 10,501人
・上記以外の者: 19,871人
・不詳・死亡の者: 756人

、となっています。この統計を見ると、卒業者全体の約半数が、大学・専修・職業訓練などへ進学していて、就職者は全体の約20%となっています。

不詳の方も合わせると、進学・就職している方はもっといるかもしれません。

 

通信制高校からの就職先

通信制高校からの就職先にはどんな会社があるのでしょうか。実績を公表している学校を調査してみました。

例えば、N高等学校の実績によると、航空会社のANAやJTB、ホテル業界では、ホテル日航や星野リゾート、ヒルトン、エステのTBCや服飾ブランドのレイカズン、ゲームのグリー、セキュリティ会社のデジタルハーツなど、名の知れた大手会社も数多くあります。N高等学校実績より

 

ヒューマンキャンパスでは、デパートの阪急百貨店、化粧品会社のELGC(エスティローダ)やアルビオン、ホームセンターのコーナン、スーパーの西鉄ストア、芸能では、劇団ひまわり、モンテレオネにプロ入団、他には大手美容室など、こちらも多種多様な実績があります。ヒューマンキャンパス実績より

 

通信制高校の卒業後の進路先は、公表されているだけでもいろいろあります。

全日制・定時制ではないからと、不安に思う気持ちはあるかもしれませんが、卒業後の進路を進学以外に選択した3人に1人は。就職先が決まっているということが、文部科学省のデータからわかります。

通信制高校は基本的にスケジュールは自己管理となりますので、在籍中に学校の勉強と並行して、専門分野を学んだり、アルバイトで実績を積んだりと、卒業までに下準備をすることが、希望の会社へ就職できる近道となるでしょう。

通信制高校の学習形態はどうなのか

通信制高校は、全日制高校のように毎日学校に通学して授業を受けるのではなく、自宅で勉強(自習)をしていく自学型になります。

毎日自主学習を行い、その学校で決められた日数だけ通学し、単位を取得することで卒業資格を得ることができます。

 

卒業までに必要な事

通信制高校を卒業するには以下に3つの条件を満たす必要があります。

・レポートの提出
・スクーリング(授業)に一定日数以上出席する
・テストを受けて単位認定を受ける

 

通信制高校 学習形態

出典:写真AC

 

レポート

レポートは自主学習をする際には、必ず提出しなければならないものになります。

科目によって何枚提出するかは変わってきますが、一般的には一年で100枚程度の学校が多いです。

 

スクーリング(授業)

スクーリング(授業)は、学校で決められた日数は出席しなければなりません。先生に不明点などを直に聞くことができる為、積極的に参加するようにしましょう。卒業までに必要な平均出席日数は20日程度とされている学校が多いです。

また、多くの通信制高校が、スクーリングは週1日程度からが多いです。全日型と言われる全日制高校と同じような学習方法を採用している高校の場合は、週5日通学することになります。

 

テスト

テストは別名「単位認定試験」と言われていて、学習した内容がしっかり定着しているかをはかるために実施されます。

全日制高校の場合は、中間試験、期末試験と2回行われることが一般的ですが、通信制高校の場合は、年に1回しか行われない学校が多いです。

学校によっては2回行われるところもあり、2回行われる場合は、前期試験、後期試験といったような分け方になっています。

1回しか行われない場合は、期末試験というよりは年度末試験という意味合いが強く、1年間やってきた勉強を振り返るようなカタチで実施されます。

テストの合格点は基本的に60点とされていて、2回開催される場合は、前期で30点、後期で30点取得していれば合格となります。

つまり、一度の試験で60点を取得しなくても問題ないのです。そのため、全日制の高校よりも気を楽にしてテストを受けることができます。

サポート校とはどんな学校?

前回は通信制高校がどのような高校なのか紹介しましたが、通信制高校に関する情報を調べているとよく目にするものに「サポート校」があります。

「通信制サポート校」とも呼ばれるため、通信制高校と同じようなものと考える人もいるかもしれませんが、実は全く別のものになります。

サポート校とは、通信制高校に通う生徒を支援したり、相談にのったりするために設けられた教室や塾のような存在で、高校ではありません。

サポート校の役割は、通信制高校をきちんと卒業するために支援を行うことにあります。

 

出典:写真AC

 

高卒資格は取得できない

高校は、学校教育法で定められている「学校」としての認可を受けていますが、サポート校は認可は受けていません。

そのため、サポート校だけでは高校卒業の資格を得ることはできません。

 

サポート校を利用する意義

通信制高校は、基本的に勉強は自習で行わなければいけないため、自己管理がうまくいかなくて挫折してしまうといったケースがよくあります。

そうならないために、学習面をはじめ、精神面や生活面などでアドバイスしてくれるのがサポート校の役割になります。

 

カウンセラーが常駐

いろいろな事情や問題など抱えている生徒も少なくないため、きめ細かなサポートをするためのカウンセラーが常駐しているサポート校もあります。

 

全日制高校や定時制高校と同じように高卒の資格が得られる通信制高校と、スムーズに卒業できるように支援してくれるサポート校。

それぞれの役割は異なりますが、サポート校は環境や目的に応じて上手に活用していくことが重要といえるでしょう。

通信制高校ってどのような高校なのか

高校というのは、全日制、定時制、通信制と3つの教育課程にわけられます。

通信制高校は「通信での教育」となっていて、学校への登校をはじめ、学習方法なども全日制高校や定時制高校と違ってきますが、高校を卒業する際の高校卒業資格については同じものになります。

なお、通信制高校を卒業するためには、条件として3年以上の在籍期間を満たさなければなりません。これは学校教育法によって定められているものです。

 

出典:写真AC

 

通信制高校と全日制高校の違い

通信制高校と全日制高校の違いですが、大きく分けて、登校、授業、在籍期間の3つに違いがあります。

 

登校

全日制高校は平日の朝に学校へ登校して授業を受けるわけですが、通信制は通信での教育のため、基本的には学校へ登校することはありません。

ただ、通信制高校にはスクーリングといって学校で直接授業を受けることができ、その回数は学校によって週1回だったり、1カ月に1回などさまざまです。

 

授業

授業の違いをみると、全日制高校では学校側で基本的な時間割が決められていて、授業時間は1日5時間から7時間程度となっています。

通信制高校にはスクーリングで授業を受けれる学校もありますが、基本は自分でレポートを提出したり、試験を受けるなどして高校を卒業するための単位を取得していきます。

 

在籍期間

在籍期間については、全日制、定時制、通信制の全ての課程で3年以上の在籍期間が必要になってきます。

ただ、全日制や定時制の場合、成績や出席数によっては進級できずに留年となってしまいますが、通信制には留年というものがありません。

通信制高校は決められた単位を取得することで卒業資格が得られる単位制となっていて、単位がたりなければ再取得することもできるからです。

ただ、上記でも説明しましたが、3年以上在籍していることが卒業の条件となっているため、いくら早く単位を取得したからといって在籍期間が3年以下では高校卒業の資格を得ることができません。

ちなみに、全日制や定時制は学年制という制度をとっていて、1年から2年、2年から3年と順番に進級していき、3年の春に卒業できる仕組みとなっています。