通信制高校の学習形態はどうなのか

通信制高校は、全日制高校のように毎日学校に通学して、授業を受けていく学習方法ではありません。

その為、授業を受けていくわけではないのです。

基本的には自宅で勉強をしていく自学型の学習方法となります。

毎日自主学習をしていき、学校で決められた日数通学し、単位を取得することで卒業資格を得ていきます。

卒業までに必要な事

通信制高校で卒業するのには以下に3つの条件を満たす必要があります。

・レポートの提出
・スクーリング(登校)に一定日数以上出席する
・テストを受けて単位認定を受ける

レポートは自主学習をする際には必ず提出しなければいけないものになります。

科目によって何枚提出するかは変わってきますが、一般的には一年で100枚程度とされている学校が多いです。

スクーリングは、学校で決められた日数出席し、先生から直に不明点などを聞くことができる為、積極的に参加するようにしましょう。

卒業までに必要な平均出席日数は20日程度とされている学校が多いです。

また、多くの高校は週1日程度からが多く、全日型と言われる全日制高校と同じような学習方法を採用している高校の場合は週5日通学することになります。

テストは別名を「単位認定試験」と言い、学習した内容がしっかり定着しているかをはかるために実施されます。

全日制高校の場合は中間試験、期末試験と2回行われることが一般的ですが、通信制高校の場合は年に1回しか行われない学校もあります。

ただし、学校によっては2回行われることもあります。

2回行われる場合は前期試験、後期試験といったような分け方になっています。

1回しか行われない場合は、期末試験というよりは年度末試験という意味合いが強く、1年間やってきた勉強を振り返るような形で実施されます。

テストの合格点は60点とされていて、2回開催される場合は前期で30点、後期で30点取得していれば合格となります。

つまり、一度の試験で60点を取得しなくても問題ないのです。

その為、全日制の高校よりも気を楽にして受けることができます。

サポート校とはどんな学校?

前回は通信制高校がどのような高校なのか紹介しましたが、通信制高校に関する情報を調べているとよく目にするものに「サポート校」があります。

「通信制サポート校」とも呼ばれるため、通信制高校と同じようなものと考える人もいるかもしれませんが、実は全く別のものになります。

サポート校とは、通信制高校に通う生徒を支援したり、相談にのったりするために設けられた教室や塾のような存在で、高校ではありません。

サポート校の役割は、通信制高校をきちんと卒業するために支援を行うことにあります。

出典:写真AC

高卒資格は取得できない

高校は、学校教育法で定められている「学校」としての認可を受けていますが、サポート校は認可は受けていません。

そのため、サポート校だけでは高校卒業の資格を得ることはできません。

サポート校を利用する意義

通信制高校は、基本的に勉強は自習で行わなければいけないため、自己管理がうまくいかなくて挫折してしまうといったケースがよくあります。

そうならないために、学習面をはじめ、精神面や生活面などでアドバイスしてくれるのがサポート校の役割になります。

カウンセラーが常駐

いろいろな事情や問題など抱えている生徒も少なくないため、きめ細かなサポートをするためのカウンセラーが常駐しているサポート校もあります。

 

全日制高校や定時制高校と同じように高卒の資格が得られる通信制高校と、スムーズに卒業できるように支援してくれるサポート校。

それぞれの役割は異なりますが、サポート校は環境や目的に応じて上手に活用していくことが重要といえるでしょう。

通信制高校ってどのような高校なのか

高校というのは、全日制、定時制、通信制と3つの教育課程にわけられます。

通信制高校は「通信での教育」となっていて、学校への登校をはじめ、学習方法なども全日制高校や定時制高校と違ってきますが、高校を卒業する際の高校卒業資格については同じものになります。

なお、通信制高校を卒業するためには、条件として3年以上の在籍期間を満たさなければなりません。これは学校教育法によって定められているものです。

出典:写真AC

 

通信制高校と全日制高校の違い

通信制高校と全日制高校の違いですが、大きく分けて、登校、授業、在籍期間の3つに違いがあります。

登校

全日制高校は平日の朝に学校へ登校して授業を受けるわけですが、通信制は通信での教育のため、基本的には学校へ登校することはありません。

ただ、通信制高校にはスクーリングといって学校で直接授業を受けることができ、その回数は学校によって週1回だったり、1カ月に1回などさまざまです。

授業

授業の違いをみると、全日制高校では学校側で基本的な時間割が決められていて、授業時間は1日5時間から7時間程度となっています。

通信制高校にはスクーリングで授業を受けれる学校もありますが、基本は自分でレポートを提出したり、試験を受けるなどして高校を卒業するための単位を取得していきます。

在籍期間

在籍期間については、全日制、定時制、通信制の全ての課程で3年以上の在籍期間が必要になってきます。

ただ、全日制や定時制の場合、成績や出席数によっては進級できずに留年となってしまいますが、通信制には留年というものがありません。

通信制高校は決められた単位を取得することで卒業資格が得られる単位制となっていて、単位がたりなければ再取得することもできるからです。

ただ、上記でも説明しましたが、3年以上在籍していることが卒業の条件となっているため、いくら早く単位を取得したからといって在籍期間が3年以下では高校卒業の資格を得ることができません。

ちなみに、全日制や定時制は学年制という制度をとっていて、1年から2年、2年から3年と順番に進級していき、3年の春に卒業できる仕組みとなっています。