通信制高校を探すときのポイント

通信制高校は年々増加傾向にあって、今では全国に250校以上の学校があります。この中から自分に合った最適の学校を探すのはかなり大変です。

例え「札幌の通信制高校」に絞って探そうとしても、かなり手間がかかります。そこで今回は、通信制高校を探すときのポイントを紹介したいと思います。

通信制高校を探す ポイント

出典:写真AC

 

公立か私立か?

通信制高校にも全日制高校と同じように「公立・私立」があります。ほとんどの学校は私立ですが、公立は都道府県毎に1~3校ほど設置されてます。

通信制高校の公立と私立ではどのような点が違うのでしょうか。それぞれ確認していきましょう。

 

学費について

私立の通信制高校の学費は実に様々ですが、平均を見ると40万から高いところでは100万円を超える学校もあります。一方、公立の通信制高校は、3年間で大体10万円程度になります。

圧倒的に、公立の通信制高校が私立の通信制高校より学費が安いことがわかります。

 

学校の数について

公立の通信制高校は上記でも説明しましたが。都道府県毎に1から3校ほどしかありません。

文部省の調べによると、2019年5月の時点で、公立の通信制高校は78校、私立が175校となっており、公立に比べて倍以上も私立の方が多いです。

 

学区について

公立の通信制高校へ入学できる対象者は、学校が設置されている都道府県に居住している人か、そこで勤めている人になります。

逆に私立は、全国が入学対象になっている学校が多いのが特徴です。スクーリングなどは、全国の協力校と提携して行うことでカバーしています。

 

サポート体制について

例えば私立には、いつでも相談できるカウンセラーが常駐していたり、いつでも生徒が先生に質問できる窓口を設けていたりと、卒業まできめ細やかなサポートをしてくれる学校が多いです。

一方で公立は、カウンセラーが常駐ではなかったり、基本は自宅学習がメインの学校が多くなっています。公立の通信制高校は私立の通信制高校に比べると、どうしても薄く感じてしまうところがあります。

 

学習環境の自由度

私立の通信制高校では、スケジュールをある程度自由に組めたり、スクーリングの日も自分の都合で決めたりすることが容易な学校が多いですが、公立の通信制高校は、決められた日に登校しなければ単位を取得することができないなど縛りがあります。

 

 

学費で探す

通信制高校の学費は先ほども説明したように、私立か公立かという点だけでもだいぶ差がありました。また、同じ私立でも学校によってカリキュラムや登校頻度などに違いがあるため、学費も千差万別です。

せっかく自分に合った学校が見つかっても学費が払えないと通えません。学費は重要なポイントといえるでしょう。

 

 

登校頻度で探す

通信制高校ではスクーリングという授業を受ける登校日があります。年に数回でいいという学校もありますし、週1から週5まで選べる学校もあります。

多ければ多いほど学費も高くなるので、自分のペースにあった回数を選ぶとよいでしょう。

 

 

コースの内容で探す

通信制高校には様々なコースが用意されています。例えば、介護や福祉、デザインやスポーツ、音楽や芸術、パソコン関係など…、その種類は豊富にあります。

近年では、高校卒業資格の取得だけではなく、自分の夢に近づくための学習ができるコースを設けている学校を選ぶ人も増えています。

 

 

通信制高校を探すときのポイントまとめ

通信制高校を探すときのポイントまとめ

出典:写真AC

通信制高校を探すポイントはを大きくわけると4つです。

  1. 公立か私立かで選ぶ
  2. 学費で選ぶ
  3. 登校頻度で選ぶ
  4. コース内容で選ぶ

 

札幌の通信制高校を探している方は、まずはこの4つのポイントを参考にして、札幌にある多くの通信制高校の中から希望の学校をしぼってみてはどうでしょうか。学校をしぼった後はしっかり比較検討して、自分にピッタリの通信制高校を選んでください。