通信制高校の学習形態はどうなのか

通信制高校は、全日制高校のように毎日学校に通学して授業を受けるのではなく、自宅で勉強(自習)をしていく自学型になります。

毎日自主学習を行い、その学校で決められた日数だけ通学し、単位を取得することで卒業資格を得ることができます。

 

卒業までに必要な事

通信制高校を卒業するには以下に3つの条件を満たす必要があります。

・レポートの提出
・スクーリング(授業)に一定日数以上出席する
・テストを受けて単位認定を受ける

 

通信制高校 学習形態

出典:写真AC

 

レポート

レポートは自主学習をする際には、必ず提出しなければならないものになります。

科目によって何枚提出するかは変わってきますが、一般的には一年で100枚程度の学校が多いです。

 

スクーリング(授業)

スクーリング(授業)は、学校で決められた日数は出席しなければなりません。先生に不明点などを直に聞くことができる為、積極的に参加するようにしましょう。卒業までに必要な平均出席日数は20日程度とされている学校が多いです。

また、多くの通信制高校が、スクーリングは週1日程度からが多いです。全日型と言われる全日制高校と同じような学習方法を採用している高校の場合は、週5日通学することになります。

 

テスト

テストは別名「単位認定試験」と言われていて、学習した内容がしっかり定着しているかをはかるために実施されます。

全日制高校の場合は、中間試験、期末試験と2回行われることが一般的ですが、通信制高校の場合は、年に1回しか行われない学校が多いです。

学校によっては2回行われるところもあり、2回行われる場合は、前期試験、後期試験といったような分け方になっています。

1回しか行われない場合は、期末試験というよりは年度末試験という意味合いが強く、1年間やってきた勉強を振り返るようなカタチで実施されます。

テストの合格点は基本的に60点とされていて、2回開催される場合は、前期で30点、後期で30点取得していれば合格となります。

つまり、一度の試験で60点を取得しなくても問題ないのです。そのため、全日制の高校よりも気を楽にしてテストを受けることができます。